社員の声(中堅・ベテラン社員)

中堅社員より

調査O_R.jpg

調査 Oさん
九州大学大学院 卒
2007年 新卒入社

●三洋コンサルタントに入社した決め手
大学で海岸工学を専攻していたため、海に関わる仕事をしたいと思っていました。また、九州出身の私にとって、会社が九州にあり転勤がないことも決め手となりました。
●今の目標・将来の夢
建設コンサルタント会社で働くうえで、技術士等の資格は必要不可欠なものと考えます。業務を担当しながらの試験勉強は大変ですが、今は資格取得を目標に取り組んでいます。
●若手社員・新入社員に求めること
仕事をするうえで重要なことは、発注者や会社の上司・先輩と良好な人間関係を築くことだと思います。若手社員・新入社員には、コミュニケーション能力を身につけてもらいたいです。
 

調査M2_R.jpg

調査 M さん
鹿児島大学大学院 卒
2006年 中途入社

●三洋コンサルタントに入社した決め手
面接の日に会社の場所をきちんと確認して行かず、迷子になった私を当時の部長が笑顔で迎えに来てくれた時、いい会社なんだろうな、入社したいなと思いました。
仕事上、最も気をつけている事
体調管理です。夏の暑い中での現場や寒い冬に洋上での現場等、様々な条件下で仕事をすることがあります。体調を崩して、会社や同僚に迷惑をかけないように気を付けています。
●学生時代に取り組んだこと
大学時代はヨット部に所属し、週末や長期休暇はほとんど海の上で過ごしました。合宿を通して他人への気遣いや仲間を大切にする気持ちを学びました。
若手社員・新入社員に求めること
失敗を恐れず、何にでも興味を持って挑戦をして欲しいです。
 

設計M2_R.jpg

設計 Mさん
九州産業大学 卒
2002年 新卒入社

●仕事上、最も気をつけている事
発注者に対しては「約束したことを(期日等)守る」。
上司対しては「都合の悪い報告も正直に」。
嘘をついたり、ごまかしたりしないことです。
●担当業務とやりがい
自分の設計した施設が完成したところを見たとき、やっぱり嬉しいです。
●若手社員・新入社員に求めること
上司・先輩は忙しそうだから・・・と遠慮せず、積極的に『報連相』(特に相談)をして下さい。若手社員からの相談は私たちにとっても勉強になることが多いです。
 

水理T_R.jpg

水理実験 Tさん
九州産業大学 卒
2001年 新卒入社

●入社前後のギャップ
会社には自分と年齢の離れている人が多くいるため、上下関係が非常に厳しいと思っていました。入社直後は緊張もしましたが、想像した以上に上司の方々がフランクに接してくれたことには驚きました。
●若手社員・新入社員に求めること
まずはきちんと挨拶をしましょう。それが全ての基本となりますし、第一印象は重要です。また、業務を行う際には『ほうれんそう(報告・連絡・相談)』をしっかりと行ってください。
●就職活動中の学生へのメッセージ
インターンシップや会社訪問の機会があれば積極的に参加して下さい。民間企業や地方公共団体等の仕事を体験すれば、貴重な経験や知識が得られると思います。また、興味を抱く分野が漠然とみえてくると思います。就職活動は、人生において大きなターニングポイントになると思います。悔いが残らないように頑張って下さい。
 

ベテラン社員より

調査I_R.jpg

調査 Iさん
水産大学校 卒
1995年 中途入社

●仕事上、最も気をつけている事
管理技術者として業務に携わることが多いので、次の点に気を付けています。
1.業務着手時に、業務の成果品のイメージを発注者や担当者と共有する。
2.常に業務全体を見渡して、方向性を見失わないようにする。
3.関係者間で、良いことだけでなく、悪いことも情報を共有して業務を進める。
●思い出の業務
1.人工リーフの海藻が増えた理由
この業務では、人工リーフの設置により海浜流に変化が生じ、リーフ上に海藻が繁茂するようになったメカニズムを数値計算で確認しました。この仕事をとおして他社の人たちと知り合い、意見交換を行うなどして多くの刺激を受けました。
仕事の楽しさを知ると共に、後の資格取得の起点にもなった業務でした。
2.人工干潟造成計画
これまで、全く経験の無い業務で、当初は何から始めれば良いかもわからず苦労しました。今思えば、明確なイメージが足らなかったと思います。
しかし、集めた資料などから、面積や地盤高など生態系に配慮した環境を再現するという自分なりのイメージができると、あとはスムーズに進みました。
この業務で自分なりの仕事の進め方を掴んだ気がします。
●若手社員・新入社員に求めること
良い仕事をしたいなら、良い人間関係を築くことです。そのためには・・・
1.服装、身だしなみ、言葉遣いに気を付ける。
2.はきはきと大きな声で挨拶する。
3.周囲の人と積極的に会話(雑談でも構いません)する。
考えてみると、そんなに難しいことではないと思います。頑張ってください!
 

設計A_R.jpg

設計 Aさん
鹿児島大学 卒
1986年 新卒入社

●担当業務とやりがい
私は水理模型実験を1年程経験した後、設計部に配属されました。設計業務のやりがいは、やはり設計したものが形になることです。また、国交省から地方自治体まで様々な現場の業務を行いますので、今まで全く知らなかった土地で地元の人と付き合いながら、美味しいものを食べるのもこの仕事の魅力の一つです。
●思い出の業務
印象に残っている業務は、やはり災害復旧業務です。大型台風、地震、津波等、数年に1回はこのような業務に携わります。災害復旧は突貫作業が多く大変ですが、復興の一役を担っていると考えると土木技術者冥利に尽きます。
●社員間のコミュニケーションについて
我社は非常にアットホームな会社です。わたしは転職経験がありませんが、中途入社の社員は非常に風通しが良い会社だと良く言っています。若手同士もみんな仲が良いですよ。
●若手社員・新入社員に求めること
建設コンサルタント業務では技術的・専門的能力や対人能力が重要です。これを培うための基本姿勢は、「仕事に対する好奇心」、そして「素直な心」ではないかと考えます。あとは忍耐力か・・・。お互いに頑張りましょう。